2019年01月

エギング入門編 PEラインとショックリーダーの組み合わせ

P1020947_TP_V
こんにちは、

前回の記事
↓↓↓↓
【エギング入門編 PEラインの号数の選び方】
に続いて今回は「PEラインとショックリーダーの組み合わせ」についてのお話しをします。

ショックリーダーの材質は「ナイロン」と「フロロカーボン」とがありますが
基本的には「フロロカーボン」を使います。
ナイロンより硬く、比重が重く沈みやすいのでエギングに適しています。

各メーカーの専用リーダーはすべて「フロロカーボン」になっています。

自分が使っているラインはこちら
DSC_0669

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
by カエレバ

チタンフロロ採用! 超耐摩耗性能、チタンの鎧で攻める!
●高性能フロロカーボンにTic(チタンコート)とSP-T(スーパータフコーティング)のダブルコーティングを施すことで、ライン表面の滑りが良くなり、非常に高い耐摩耗性能を獲得。 
●エギングシーンに多い、岩や海藻との擦れによるラインブレイクをチタンの鎧で軽減。 
●携帯に優れた薄型スプールを採用。 
●糸つぶれが少ない平行巻を採用することで、最後まで安心してご使用できます。 
●便利な号数別スプールバンド
付き。

昨年発売された
1,5号~3号までバリエーションが豊富

組み合わせの基準としては
  • PE0,5号→リーダー1,7~2号
  • PE0,6号→リーダー2~2,5号
  • PE0,8号→リーダー2,5~3号
っと、こんな感じの組み合わせで良いかと
海藻がきつい場所などを攻める時は1ランク上げても良いですがキャスト時のガイドがらみに注意しましょう。


リーダーの長さは、エギングロッドはガイドが小さいのであまり長くしない

1ヒロ(約1,5m)を基準にして、柔らかいロッドほど短くした方が良いです。

結束方法はやはりFGノットが一番強度が高くノントラブルですね

まだ出来ない方はこちらの動画を見て練習しましょう
↓↓↓↓↓↓

以上、皆さんの釣果のお役にたてれば幸いです


by カエレバ




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

エギング入門編 PEラインの号数の選び方

P1020947_TP_V

こんにちは、


今回は「エギングをこれから始める人」や「イマイチ着底やアタリがわからない」
っとゆう人達のために
ラインの号数の選び方についてのお話をします。

エギングタックルにおいて一番重要なのは「ライン」

特にメインラインのPEはとても重要
_20180421_122740

常にエギからロッドへのダイレクト感が欲しいので自分はPE0,5号を使っています。

始めた頃はPE0,8号を使っていましたが、悪条件になればなるほと細いラインのほうがエギをコントロールしやすくなるので今ではPE0,5号を使っています。

ラインを細くする事のメリットとしては
  • 飛距離が上がる
  • 風や潮の流れの影響を受けにくい
_20190120_081256
エギは重心が前にあるので飛びにくい構造
出来るだけ細くして飛距離を稼いだほうが広範囲に探れます・・・・
でも、実際はびっくりするほど違いはわからないかな
0,8~0,6に替えた時はまったくわからない
08~0,5に替えた時は違いがわかります
それでも5mくらいかなぁ~


AR-C搭載のエギを開発してくれるとうれしいのですが・・・・ヤマシタのエギに・・
「イヤ~・・本当にお願いします!!」


飛距離よりもよりも大事なのは「風や潮の流れの影響を受けにくい」事

細いほうがラインの膨らみが少なくなるので
ロッドや手元にラインの変化が伝わりやすいです。

「イマイチ、着底や潮の流れ変化、エギの動きやイカのアタリがわからない」って方は一度ラインを細くして見て下さい
0,4号を使っている人もいますよ

ラインブレイクが心配な人
ドラグは身切れ防止のために緩めが基本
シャクった時に少しラインが出るくらい

海藻や障害物が多い場所は別てすが、イカは根に潜っていかないです。
ラインが引き出されたら慌てず、むしろジェット噴射の引きを楽しみましょう
_20190121_223932



一方、ラインを太くする事のメリットは
  • 根掛かりの時にカンナが曲がってエギが回収しやすくなる
_20190122_085650


0,5号より0,8号のほうが根掛かり時のエギ回収率は圧倒的に高いです。

エギのロストを抑えたい人は0,8号かな
財布にも環境にもやさしい

メジャーポイントの海の底はこんな感じなんでしょうね
エギが釣れる時もありますし
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ボトムステイでヒットする事も多いので
もしかしたらロストしたエギにかかって死んでいくイカもいるかもしれません

そういう考え方なら太いラインもアリですね

自分はラインを細くしてボトム感知能力を高めて根掛かりを回避しています。


エギングは基本的に細いラインが有利です。

0,6号を基準にして
潮が早い場所や深場は0,5号
(自分は10m以上深いと0,6号だと着底がわからない時があります)

エギのロストを抑えたい場合は0,8号

っとこんな感じで選択すると良いと思います。


まとめ
エギングの一番おもしろいところは、微妙なラインの変化でアタリを感じるところ

また、ラインを通じてしっかりエギをコントロールできるようになると釣果アップに繋が
きます。

皆さんの釣果のお役にたてれば幸いです。
ではまた、

PEラインとショックリーダーの組み合わせはこちらの記事を

こちらの記事も参考にしてください
              ↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

阪本智子さんが YouTube 釣チャンネルをはじめたよ【Wish to Fish】

シマノでお馴染みの阪本智子さんが今年から
YouTubeチャンネル【Wish to Fish】を開設しました。



かわいいですね

2本目の投稿ではイソメかな?
抵抗なく触れるところなんかは本当に釣好きなんですね

今年のフィッシングショーのシマノブースでは19ステラswがさわがれてますが、
自分的には阪本さんのトークショーのほうが楽しみ

ぜひ、もっと有名になって活躍してほしい



阪本智子さんのブログはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

ヤマガブランクスのジギングロッド       「New Galahad」 2019年モデルが2月に発売

hageIMGL0554_TP_V

ヤマガブランクスのジギングロッド「Galahad」シリーズの2019年モデルが2月に発売されます。
いつの間にかHPが変わってた

ヤマガブランクス 「Galahad」シリーズ HP

スピニングモデル5機種とベイトモデル4機種を新たにラインナップ

スピニングモデル
  • Galahad 632S
  • Galahad 633S
  • Galahad 634S
  • Galahad 585S
  • Galahad 526S
ベイトモデル
  • Galahad 622B
  • Galahad 623B
  • Galahad 624B
  • Galahad 526B
今回のリニューアルで表記に少し変更があります。

従来のパワー表記のオンスから、PEのMax号数表示に変更
3桁の数字の前2つがレングス
3つ目がPEのMax号数
S・Bがスピニング・ベイト

Galahad 632S
↓↓↓↓
6,3ft・PE2号・スピニングモデル
っと変わります。

前作よりもドテラ流しの釣を意識してか、
スピニングモデル3機種は0,1feet長くなっています。

近海ジギングで一番使われるのが
【Galahad 634S】ジグウェイト220gかな
次に【Galahad 633S】ジグウェイト180gかな

スピニングモデルの2~4番の3機種はベリー~バット部分を強化したみたいなので、このあたりは楽しみですね、
現物を触ってみないとわかりませんが、上州屋で良く展示会をやっているのでその時に確認したいと思います。

個人的に興味があるのが
近海ヒラマサジギングに
【Galahad 633S】
【Galahad 634S】
ディープエリアのカンパチに
【Galahad 624B】
の3機種


そのあたりは、【ヤマガブランクス】の人気は健在ですね

ではまた。

2019/1/18追記
ヤマガブランクス「New Galahad」 の動画が投稿されました。





にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします

南房総 キンメジギング釣行

こんにちは、
12月中旬の釣行ですが
南房総 松栄丸  のキンメジギングに行ってきました。

集合は15:30で16:00に出船
実釣は16:00~20:00までと夜間になります。

キンメダイは昼間は水深300m~400m付近にいて、夜間になると補食のために水深150m~300m付近に浮上してきます。
夜間のほうが釣りやすいですね。


DSC_0637
明るいうちに出船 ポイント到着まで約30分

水深150mからスタート
キンメが釣れ始めるのは完全に日が沈んでから
夕マズメはクロムツが釣れるらしい

船長から「潮が速い」と聞いていたので
スタートは
【シマノ ペブルスティック 300g】

ジグを投入すると一気にラインが横に流される
超速い
何とか底は取れたのですが、底取りは一度だけ
ジグを回収しようと巻き上げたらやはり餌釣の人とお祭りでした。
3人ほど巻き込んでの乱◯パーティー

他の場所でもお祭りが多発していて
ちょっと釣が成立しない状態なのでジグをチェンジ
【ディープライナー スピンドル 400g】

多少ラインが横に流されますが、底取りは良好

一度、アタリがあって、もう一度底を取り直して巻き上げてくると
「ふわ」っと軽くなったので何か食ったかなっと思いアワセを入れると、スカスカな感触
おそらくクロムツに切られた。

スピンドルが殉職してしまったので次は
【スロースキップ  Vib  400g】

スピンドルより抵抗があるので潮に流されやすいですが、400gの重さで何とか底取りはできる感じ

DSC_0641

しばらくアタリの無い時間が続きましたが、日没から1時間くらいしてからようやくヒット
DSC_0648
20cmくらいのキンメダイ
10m上げてからのホールでヒットしました。

それから時合に入って、ホール中に毎回ヒットするのですが、
食いが浅いのか、巻き上げ途中にバレてしまう事が多かった。

DSC_0650
キンメダイ13匹
最大30cm
釣果としては、まあまあでした。
DSC_0651


今回の釣行でオシアジガー1500HGに2000のハンドルを取り付けたのですが、かなり巻きが軽くなりました。

前回の記事はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク