フック

スロージギンク用のツインアシストフック作成  【カルティバ  ジガーライト シワリ】 

こんにちは、

自分はアシストフックは自作派です。

アシストフックは自作したほうがお得です

セットの物を買うと5~700円くらい

自作すると1個あたり200円くらいで出来ます
最後に簡単な作り方を説明しますので気が向いたらチャレンジしてみてください。

リールのメンテナンスなんかもそうですが、めんどくさいけど自分で出来る事は出来るだけやっていったほうが面白さがましてくると思います。

最近、スロージギンクで使っているフックがこちら

【カルティバ  ジガーライト シワリ】
_20190730_153348

_20190730_153419

針先のカーブポイント(シワリ)が特長でホールバイトで刺さりやすくなっています。

シワリ型
_20190812_183031

ホール中に針に触れると垂直に近い角度で入り、ジグの重さが針先に伝わりやすい形状になっています。

ストレートポイント
_20190812_183103
ストレートポイントのフックとだと角度が違います

上げのアクションの場合は「ストレート」
ホールアクションが多い場合は「シワリ型」
っと使い分けしています。

フックの形状って調べてみると面白いです。
エサ釣だとエサの種類や魚の口に合わせていろんな形状があります


03
出展:株式会社オーナーばり

シワリが入っていると根掛かりしにくくなります
_20190730_144209
さらに曲げて根の荒い場所をタイトに攻める時もありますが、その分バラシやすくなります


02
出展:株式会社オーナーばり


2/0~6/0まで6種類ありますが、

今回は80~130gのジグ用に2/0
すこしライトなセッティングにします。

150g以上の重さや大型青物がターゲットの場合は4/0以上を使ったほうが良いですね、
けっこう細軸です。



それでは、作り方を説明していきます

用意するものは
  • プレスリング・スプリットリング
  • YGK シーハンター
  • ラインカッター    ペンチ
  • 接着剤か熱伸縮チューブ

【プレスリング・スプリットリング】

今回は、2/0のフックと80~130gのジグ用っとライトな感じなので#4にしました。
(#3でもよかったかな?)

5/0で200gくらいのジグの場合は#5以上のリングを使います


【YGK シーハンター】

今回は赤の8号

シーハンターには赤と青(マリンブルー)2種類ありますが、

赤ーかたい(ジグやリーダーに絡みにくい)
青ーしなやか(魚が吸い込みやすい)
って感じです。
フロントフックが赤でリヤフックが青と使い分けでも良いですね

【メール便可】よつあみ(YGK) ガリス シーハンター レッド 8号/55Lb (5m) ライン
by カエレバ
【ラインカッター    ペンチ】
ラインカッターはもちろんラインを切るためです。
ケガをしないように、フックとラインを結んで締める時にはペンチを使って下さい。

【接着剤か熱伸縮チューブ】
チモト部分のラインの保護に使います
_20190812_190025
ラインが絡みやすいので接着剤かチューブで保護するのですが、自分は接着剤で固定します。



まず始めにシーハンターをカットします
DSC_1083

カットする長さはショートタイプだとだいたい25cmくらい


プレスリングに結束していきます。
_20190802_095129
シーハンターは表面が荒いので複雑に結束しなくてもズレる事はないです。

_20190804_125534
ペンチで両端を締め込みます。

フックを結束します
外掛け結びで結束

外掛け結びはこちらを参考にしてください
↓↓↓↓↓↓


最後に絞めこむと伸びるので、リングのギリギリで結びます
_20190812_195938

6~7回くらい巻き付けていきます
_20190812_200011

ペンチでしっかり締めます
DSC_1133


余ったラインをカットします。
DSC_1087


チモト付近のラインに接着剤を1,2滴たらします
DSC_1126


これでチモト付近のラインがかたくなるので絡みにくくなります
DSC_1127

以上で完了

DSC_1089
9本入りなので1本あまりました
(10本にしてくれ)

フックは消耗品なのでなるべくコストをおさえていきたいです。

我流の作り方ですが、皆さん参考にしてみてください。

ではまた。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。









フックの手入れってしてますか? 拾ったルアーのフック補修

こんにちは、

前回のサーフ釣行の時に拾ったルアー
DSC_0230
ロンジン レビン ベビー

海が荒れた後に出来たゴミ溜まりを物色すると結構ルアーが落ちている。

今回は超ラッキー 大好きなルアー

多少、塗装が剥げていていますが大丈夫そう

フックは先端は腐食していますが、折れそうな感じではないので
この程度ならフックシャープナーで削れば大丈夫‼️
スミス(SMITH LTD) シャープナー ダブルダイヤモンド シャープナー
by カエレバ


綺麗に仕上げたい方
ダイヤモンドで荒研ぎ セラミックで仕上げします
スミス(SMITH LTD) シャープナー セラミック&ダイヤモンドシャープナー 60x15mm
by カエレバ
ちなみにフックの研ぎ方ですが

まず、研いだ粉が飛び散らないようにフックシャープナーを水に湿らせます。
すぐに乾燥するのでマメにやります。

_20180314_223024
写真の赤矢印方向
先端~根元に向かって研ぎます。
根元~先端方向に向かって研ぐと針先にバリがつくので鋭くならないので注意して下さい。

螺旋で研ぐと細く鋭くなります。

研いだら爪の上に乗せて滑らなければ大丈夫

DSC_0232
復活しました。
少し研ぎ過ぎてバーブレスになってしまいましたが、掛けた時にテンションを緩めなければ大丈夫。

皆さんも荒れた後のサーフのゴミ拾いをやってみてください。良い事があるかも?
YUKA863_ok15185909_TP_V


今回は拾ったルアーでやりましたが、フックは定期的にチェックして研ぎましょう

最近のフックは化学研磨やフッ素樹脂加工などで鋭くて刺さりやすくなっていますが、使用すれば鈍くなってきます。
特にサーフは砂に当たるので鈍くなるのは早いです。
研いだ部分はメッキが剥がれて錆びやすくなりますが、釣行後の洗浄を必ずやれば大丈夫
錆びが心配な方は、研ぐ時にフックシャープナーに油をつければ錆びにくくなりますよ。
ではまた。

 


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

アシストフック作成(バケフック) ポラジックフィルム

こんにちは
今日はアピール付きアシストフック(バケフック)を作成します。

バケフックとは、アシストフックにフラッシャーやホロフィルムやサバ皮などを付けた物で、ジギングでのシラスパターンの時に使います。
シラス(2~3cm程度のイワシの稚魚)を補食している場合はジグにまったく反応しない場合があるので、フラッシャーやホロの光でシラスを演出してアピールします。

また、シラスパターンだけではなく
イワシが暴れた時の剥がれたが鱗の光に反応する場合もあるので、オプションで持っていたほうが良いと思います。

準備するものは
DSC_0128
・ポラジックフィルム
by カエレバ
サバ皮なども使ったりしますが今回はこちらを、
反射角度で色が変わるので面白そうなので使ってみます。

DSC_0134
左から
・フラッシャー
・セキ糸
・瞬間接着剤

DSC_0129
まずは、フィルムをフックにあわせてカット
フックの長さの倍くらいにしました。

DSC_0130
アシストフックにフラッシャーを付けます。

DSC_0131
その上にフィルムを付けて上からセキ糸を巻いて接着剤で固定して完了

DSC_0132
シングル2セットとツイン1セット作って見ました。
アシストフックも自作なのですが、1本あたりの単価が約150円程度で作れます。

これで渋いときに少しでも魚の気を引けたら良いのですが、正直魚の考えていることはわからないので色々試してみます。

■フック■
がまかつ ジギングフック つらぬき 3/0 4/0
■ライン■
よつあみ シーハンター25号
■リング■
#5


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

スロージグ用 アシストフック作成

こんにちは
今日は、スロージグ用のアシストフックを作ります。
フックはこちら
image








ニックプロ ジギングフック 24号 
青物やマグロ用に大きめのフックにします。
200~250gのジグに使用
スロージグは、フックとリングの組み合わせでフォール姿勢が変わってくるので、セッティングには気を使います。
シブイ時はフックを小さくするとヒットしたりすることが多い気がします。
image

image

シーハンター25号
スプリットリング#5
を使用
ズレ防止のために、交差するように結びます
指で隠れてわかりずらくてすみません😅
image

外掛け結びでフックをセット

針が向かい合うように注意しながら結びます
image

余ったラインを切って、熱伸縮チューブをセット
チューブが短い(x_x)
image

ショートとロングを作成
1セットの単価が200円程度なので自作したほうがオススメです。
スロージグは消耗が激しいので、ジグの自作も検討中ですが、鉛中毒が心配

オススメのスローピッチ用メタルジグ
■■■
シマノ スティンガーバタフライ ペブルスティック
DSC_0126

by カエレバ
スリムなボディで潮抜けが良いです。

■■■
メジャークラフト ジクパラ バーチカル スローピッチ
DSC_0127


by カエレバ
コスパ最強
(150gで900円程度)
引き抵抗が強いのでスローに誘う時に使います。

潮が速いときはペブルスティック
ユルい時はジクパラバーチカルと使い分けると良いと思います。
ジグの重さの基準は(水深×2)を基準にして潮の速さで変えていきます。
フォールの時にテンションをかけてゆっくり降ろしたりしてその日のパターンを探ります。
フォールからのシャクリ上げでヒットすると合わせも同時に決まって気持ちいいでよ。

ではまた。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。


by カエレバ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク