toraziroの釣行記

カテゴリ: タックル・ルアーインプレ

こんにちは、
久しぶりにオフショアジギングに行って来ました。

場所は南房総【白浜渡船】

  




集合場所は乙浜港の舟の前です
DSC_1287




下船後に事務所で船代を払います_20200215_121202
タックルもここで洗えます





前情報では、年末年始はサンマの群れが入りナブラも出て良かったみたいですが・・・

今は小康状態みたいです。


今回は新しく購入したロッド


REALMETHOD  JIGGING  GRII  SLOW C―68 #3
PE3.0号    ジグウェイトMAX200g

購入した時の記事↓↓↓


メーカーHP



リールはオシアジガー2000
PE3号 ガリウスウルトラジグマン
_20191229_211451


このタックルをメインに釣りをしていきます。


DSC_1278

日の出と同時に出船

自分を含めて4名なので舟中は広々
潮の流れて方に合わせて場所を移動釣りができそう


最初のポイントは水深40~70mのカケアガリを攻めて行きます。

メタルジグは
【ディープライナー  SPY  FIVE 150g】
_20200214_123424


ほとんど垂直にラインが降りて行くので潮はあまり流れてはいない感じ

魚探の反応はボトムにあるので、ボトムから30mくらいまでを丹念に探って行きます。


気になってたロッドの復元力は申し分ないくらい
ってゆうか、充分なんですけど・・

同クラスのシマノのグラップラーを借りた事があるのですが、それと比べるとやや柔らかいかなって感じの印象です。
しかも、グラップラーは2万円以上
タカミヤのロッドは1万円以下
これからスロージギングを始めたいって人にはマジでオススメ


確かにハイエンドクラスのロッドと比べるとティップやベリーの動作に差がなく、全体的にボワーンと復元するのでアクションのバリエーションは少なくなるかな


話がそれましたが、釣果の方は
3流し目でホールからのシャクリ上げでヒット

6kgのワラサでした
_20200112_174534

ロッドの具合を確かめるにはちょうど良いサイズでした。

始めはロッドを立てて、グイグイ魚を持ち上げてみましたが、余裕かな(^_^)

立てすぎて不意に下に突っ込まれた時はヤバかったけど、これくらいのサイズの青物だとちょうど良いかな
ドラグは6kgに設定していましたが僅かに出された感じ


最後は自分が疲れてきてストレートポンピングでネットイン

自分のほうが虚弱でした。




ポイントを移動して、水深 80~100mに

メタルジグは
【シマノ スティンガーバタフライ ペブルスティック200g】
DSC_1529


200gのメタルジグも普通にシャクれました。
グリップの形状が自分の手のサイズにちょうど良いので違和感なくシャクれます。




メダルジグをチェンジして
【ディープライナー  スロースキップ Vib 210g】
DSC_1530


ペブルスティックよりも抵抗が強いので少しタイミングが合わなくなる時があるかな


このポイントではホウボウを2匹釣れました


その後はアタリなく終了
_20200110_145203


釣果は少なく、残念でしたがロッドの使用感が確認できて良かったです。


細身のジグなら400gまでは操作できるかな
いずれ中深海でも使ってみます。

ではまた

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 
ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。


前回【REALMETHOD  JIGGING  GRII  SLOWC―68 #0】を購入したのですが
主に浅場のライトスロージギングに使っています。


青物用でもう1本追加購入

REALMETHOD  JIGGING  GRII  SLOWC―68 #3】

DSC_1506

REAL METHOD CARBON-新たな釣りを開化させる- GRシリーズを超える素材を目指し、GRIIはブランクス素材全てを根本から見直しました。従来品より強く、優れた感度に仕上げるため、そしてターゲットに特化したブランクスを作り上げるために、カーボン素材を厳選。「REAL METHOD CARBON」は独自の異なるカーボンシートをターゲットに合わせて3層構造で組み合わせました。強靭さと感度、そして優れたコストパフォーマンスを追求し、ビギナーからベテランまで納得の使用感を実現。【リアルメソッド】【竿・ロッド(TK01)】(ジギングロッド)


#0     PE1.5号    ジグウェイトMAX130g
#1     PE2.0号    ジグウェイトMAX150g
#2     PE2.5号    ジグウェイトMAX180g
#3     PE3.0号    ジグウェイトMAX200g

#0を使った時に感じたんですけど、手首が楽なんですよね

他のメーカーと比べると同サイズで約30gくらい重いですが、私はあまり気にならないな

青物用でPE3号で150~200gを使って
中深海用でPE1.2号で300~400gのメタルジグを使おうかなっと思っています



オシアジガー2000をセットした時の画像です。
DSC_1502



メタル150g
DSC_1503



メタルジグ200g
DSC_1504
200gまではスローからミドルピッチにはちょうどよい曲がり方かな


メタルジグ300g
DSC_1505



メタルジグ400g
DSC_0004_BURST20200208111135342

水の抵抗があるので実釣してみないと詳細はわかりませんが400gもいけそう



それと竿袋がいいんですよ
_20200214_122311


中にクッション材が入っていて多少の衝撃でも大丈夫ですね
_20200214_122326


ではまた。



このロッドを使った釣行の記事です。
↓↓↓





【18ソアレBB C2000SSPG】
ライトゲーム用として購入し約一年たったので軽くレビューをします。

購入した時の記事はこちら
↓↓↓↓↓


これからライトゲーム用のリールを探している人の参考になればうれしいです



【18ソアレBB C2000SSPG】がオススメなポイント


DSC_1466




使っていて感じた注目ポイントを紹介

巻き心地


_20200204_111849


18ソアレBBになって「マグナムライトローター」がなくなったが初動の巻き重りは全くなくとてもスムーズ

特に「巻きが重い・軽い」っとゆう印象はなく平均的なレベル

ローギア仕様だからかもしれないですけどね

個人的にはアジングやメバリングなど繊細なライトゲームの場合はローギアオススメする

意外とスローリトリーブってむずかしい
ハイギヤだとハンドルが動き過ぎちゃう場合があって繊細なコントロールがしずらいです


1年間使用したが「シャリシャリ感」や「ゴリゴリ感」もなく快適に使えます

重量

13ソアレBBが190gに対して18ソアレは200g
10gほど重くなっているが重さはまったく気にならない

さすがに上位機種と比べると重いが
「ソアレCI4+はマグナムライトローターで160g」

同じ価格帯のリールと比べると軽いリールに分類されます。

ラインローラー


DSC_1465

ラインローラーの形状は上位機種と同じ

音なりやライントラブルはなく問題なく使えるレベルです

ラインローラーとベアリングが一体になっているのでベアリングが消耗したら交換になります

自分の経験ですけど、ラインローラーのベアリングの寿命は2年くらいかな

価格は2200円程度




ハンドル

DSC_1467

ハンドル内部はベアリングではなくカラーを使っている

多少のガタはあったのですが、ロッドに装着してラインを通して巻くとガタツキはまったく感じられない

気になるようであればベアリングに交換すれば大丈夫だと思います。


デザイン


DSC_1466

同じ価格帯のリールと比べるとブラックとゴールドで高級感があるので自分的には好み



ざっくりではありますが、こんな感じ



1年間使ってトラブルレスで優秀なリールだったかな



【18ソアレBB C2000SSPG】分解・メンテナンス


ではでは、
頑張ってくれたので、1年間の汚れを落としていきましょう


_20200204_182012


ドラグ


DSC_1458
ピンを外せば簡単に外れます


汚れを拭いて
フェルト部分にグリスを塗布
_20200204_182242


ドラグノブにもグリスを塗っておくと水が入りにくくなります
DSC_1469
洗った時によく水が入ってしまいます
ノブを外して乾燥させておけば良いのですが良いのですが、忘れてしまうことが多いので侵入防止に塗っています


ラインローラー


DSC_1465


ベアリングと一体になっているので汚れや古いグリスを拭くだけです。
DSC_1470
ベアリングが外せないのでパーツクリーナー等で洗浄しないで下さい

汚れを拭き取ってグリスアップするだけ


防水グリスを塗って完了
DSC_1471

DSC_1461




ボディを開腹
_20200202_085653



ボディの周辺には防水グリスが塗ってありますね
_20200202_085728


これは落とさないように内部の古いグリスを洗浄していきます。


パーツが細かいので間違えないように順番に並べておきます
_20200202_123630



ピニオンギアとドライブギアにはIOSグリス
DSC_1463

IOSギアグリスって粘度高いのであまり塗りすぎると巻きが重くなるので慎重に




ウォームシャフト周りはシマノのDG-13
DSC_1464

ハンドル


DSC_1467


キャップを外せばプラスドライバーで簡単に外せます
DSC_0000_BURST20200205093050641


オイル・グリスどちらでも良いと思います
_20200206_124130
今回はオイルにしてみました。



DSC_1475

以上、ざっくりですけど自分なりのメンテナンス方法です。

参考にしてもらえればうれしいです。


ではまた。


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。



ラインローラー専用グリス

【シマノ 特殊撥水グリス DG18 】
_20200205_105438

今まで使っていた【特殊撥水グリス DG14】を使いきってしまった
ネットで探してみたけどもう販売してないみたいですね。

それで
【シマノ 特殊撥水グリス DG18 】を購入してみたのですか・・・

DSC_1426

これはグリスっと言うのか・・・・撥水材
潤滑性能はあまりないですね
塗っているとかなりザラザラする

まぁ~そもそも、ベアリングにはしっかりオイルをさしていくので潤滑性能には期待はしていないのでいいのですが


【DG14】でもかなり撥水性能は高かったと思います

DG14での防水実験の動画がありました
↓↓↓↓↓↓↓




_20200205_135733

金額は同じくらいだったと思いましたが、容量は半分になってますね。

【DG14】10gが
スピニングリール6台
年1のグリスアップで4年使えました。

【DG18】は2年ってことかな
防水性能が上がってベアリングの寿命が伸びれば良いのですが、これは使ってみないとわからないですね

ひたすら水を弾くことを追求して値段が上がって喜多のかな?



容器の形状はチューブにして欲しい

DSC_1421
容器が固くてつぶれにくいのでなかなかでて来ない

そもそも、容器もグリスの量を考えるとデカすぎ

そのへんはもう少し考慮して欲しいですね


効果のほどは半年近く使ってみないとわかりませんので経過観察していきます。

ではまた。









にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

こんにちは

冬のオフシーズンにリールのメンテナンスを行っています。


こちらの15ツインパワー8000HG
DSC_1399
ラインを巻いたのは2018年の9月頃

その時の記事はこちら
↓↓↓


約1年半たちましたが、毛羽立ちはないけどハリがなく編み込みが緩んでほつれやすくなってきたかなぁ~っと感じます
恐らく強度も落ちているでしょう
_20200131_082225

1年半持てば十分ですね

しかし、ラインは全長300m
ジギングで水深100m以上で使った記憶は数回しかないので150m以上ラインを出していないので
裏側の150mはまだ未使用状態です

ノットの組み直しなどでカットしているので270mくらいかな

未使用分を使うためにラインの裏返し作業が必要

いつもは手巻きでやっていましてが今回はこちらを購入


【高速リサイクラー2,0】

_20200131_075607


第一精工 高速リサイクラー2.0
by カエレバ


Amazon価格で3985円

ラインを巻くときにいつも買おうとずっと思っていたのですが頻繁に使うわけではないのでズルズル先延ばししてしまった


開封
_20200131_075637
本体
ロングシャフト
ショートシャフト
シャフト取り付け用のドライバー


シャフトが2本とドライバーがついているのはいいですね

注意しておきたいのですが
【ガリウス ウルトラジグマン】を新規に巻くには細工が必要かな
穴のサイズが違い過ぎる
DSC_1395
【ファイヤーライン1200m】12連もロングシャフトでも短いので厳しいかな

このアタリは細工が必要ですね


さっそくセットしていきます
DSC_1394
こちらのツマミでテンションを調節



空スプールをセットしてラインを巻いていきます
_20200117_175347

・・・想像以上に早かった・・・



未使用分がもう見えてきました
_20200117_175215

スプールからラインがズレないように丁寧に巻いたのですが、2分かからなかった

早く買えば良かったっと少し後悔
_20200117_175438
巻き取り終了


裏返すたためにもう1つの空スプールに巻いていきます
_20200117_175532
シャフトが2本あるから便利です


今回はPE3号なので 8000HGだとラインキャパが
410mなのでナイロンラインで下巻きしました
_20200117_174927
ワゴンセールのクソナイロンラインです

下巻き量の計算はシマノの【糸巻量計算ツール】が便利ですよ
↓↓↓↓


裏返し完了
_20200117_174853

ヤバイっす・・30分かからなかった


多少の改良点はあるものの
「なんでもっと早く買わなかったんだろう」っとかなり後悔してしまった

ではまた。




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

このページのトップヘ