toraziroの釣行記

カテゴリ: エギング

_20200611_220128


こんにちは


緊急事態宣言が解除されたので久々の釣行です


このまま自粛生活が続いて春イカジーンズが終わってしまうのか心配でしたが解除されて良かったです。


とは言うものの
まだまだ感染の危険は続きますので皆さんもお気を付けて


朝マズメの短時間釣行でしたがなかなか良い結果でした
マズメのパワーは絶大ですね






暗いうちはアタリがなく
徐々に薄暗くなって光量の変化のタイミングで回遊してきました。






暗いうちはアタリがなかったのですが、潮の流れが良かったのでどこかのタイミング喰ってくるなっと思い粘って良かったです。






朝マズメの光量の変化とケイムラの「ムラムラチェリー」のハイアピールが噛み合って出来すぎの釣果でした


_20200606_202222


いきなり2kgオーバーが2杯も釣れるとは・・・・


今後に期待したいですね


ではまた。




こんにちは、
昨年の東京湾は青物とタチウオが好調だったので、補食対象になるヒイカの釣果はいまいちでした

(特にタチウオは年末まで釣れていてエギをブチ切られました)


そろそろヒイカの天敵たちもいなくなってきたのですが、群れが散らされて釣果がいまいちっとゆうはなしを聞いていたのですが・・・


この時期にどうしても食べたいのが

【ヒイカの沖漬け】

釣れたヒイカを沖漬けにして冷凍保存
酒のツマミやご飯のお供にしていつでも食べれるようにしておきたいっとゆう願望が・・・

本当においしいので試して欲しい


ざっくりですけど、自分流なりの釣り方を紹介します

タックル

1,8号くらいのエギを使うので(5g程度です)
メバルやアジングタックルを使います


ちなみに自分のタックルです
DSC_0710





ヤマシタ YAMASHITA ナオリー RH 1.5D B04 オールオレンジ夜光 NRRH15DB04AOF
by カエレバ

釣り方

アオリイカのように派手にシャクリ上げるのではなく、
小刻みトゥイッチ~テンションフォールを繰り返してレンジを刻みながら誘っていきます。

ただ巻きでも釣れることはありますが誘ったほうが釣果は良い


釣り方としてはアジングに近いのでアジングロッドのほうが扱いやすいかな


たまに集魚灯を使っている人がいますが、東京都・神奈川県・千葉県では集魚灯を使った釣りは禁止になっています。

その他の地域はこちらみてください
↓↓↓↓↓↓
あまり知られていない事ですが逮捕されるかも知れないのでルールは守って釣りをしましょうね

海面をヘッドライトで照らすヤツは逮捕して欲しいけど・・

シーズン

地域によってことなりますが、東京湾では11月~1月くらいにかけて産卵で接岸してきます。

寒い中の夜釣りがメインになるので防寒対策はしっかりしてください。


ざっくりですが、こんな感じです。
群れにあたると100匹くらい釣れる時があるので楽しいですよ🎵

沖漬けのタレ


さてさて、次に沖漬けに必要なタレですが
釣具店に売ってます

釣具のポイントがだしている
イカの笑油だれ】
pointプロデュース 宇佐美本店謹製 イカの笑油だれ 醤油 1.8L
by カエレバ

YouTubeの【釣りよかでしょう】で話題になりましたね
卵かけご飯に使っても美味しいみたいです。


スーパーで売っている濃縮めんつゆでも大丈夫です


っで、わたくしはタレは自作します。

・酒
・みりん
・醤油

1:1:1の比率で配合し、鰹ダシ少々とザラメを多めに
(私は甘党なのでザラメを結構入れます)

酒は無くてもいいかな
煮詰め過ぎると辛くなるのでアルコールを飛ばす程度にしてください

この辺は自分好みの味付けを色々試してみるのもおもしろいです

釣行


さてさて、長い前置きでしたが釣果はっとゆうと予想通り渋かった


木更津港
DSC_1364
ここも年末にタチウオが入って来たみたいです。
例年タチウオが釣れるところではないのですが、潮の流れで迷い混んで来たんですかね?


日没前に到着して様子を見ていたのですが、突然ナブラが発生

_20200130_124955

アジングタックルしかもってきてなかったけど、魚も小さそうなので大丈夫かなぁ~っと思い
Mキャロで遠投

_20200130_125300

やっぱりセイゴの群れでした


追い風にのせてフルキャストしたら危うくラインがぶっ飛ぶところでした
DSC_1275


ラインスラッグを巻き取ったら・・・
かかってました・・・セイゴが
_20200130_125320

群れはあっという間に過ぎ去っていきましたが、ベイトがいるので暗くなればヒイカは期待できるかな


DSC_1293

日没になっていよいよ本命のヒイカエギングがスタートしましたがやはり厳しい
タチウオに噛みちぎられて絶滅したか!!っと思うくらい反応なし


普段なら早々に撤退するのですが
沖漬けのタレを持って来たので諦めきれず、粘ること3時間

ようやく一杯ゲット
_20200130_190824


そのままタレの中に
_20200130_191118


タレを吸って苦しいのか暴れています
_20200126_145818
カワイソウ・・でもオイシソウ・・・
っと複雑な感情です


海水入りのバケツに入れ隅を吐かせ、タレに入れる時は一度絞って海水を吐かせたほうが良いのです


今日は忘れてしまいました
数杯ならタレは薄くならないので大丈夫です


執念で一杯ゲットしましたが、その後はイイダコ
DSC_1304
君はさすがに入れたくないな


釣果は残念ですがこの一杯だけでした

ヒイカを食べよう

タレに浸けたまま冷蔵庫で1日おいたほうが味がしみこみます


刺身で食べる時、アニサキスが心配な場合は一度冷凍した方が良いですね


バター焼きにしても美味しいのですが、一番美味しいのはやっぱり刺身です


1日漬けて、2日冷凍
それから解凍したのがこちらです
DSC_1422
いい色に染まってオイシソウ


内臓・軟骨・目玉・クチバシをとって適度なサイズに切ります
DSC_1425

写真ではボリュームがわからないですが3秒で食べてしまいました。

ご飯一杯食べるには3杯くらい欲しいですね

まとめ


自分の冬の恒例行事になっています

むちゃくちゃ美味しいので皆さんも試してみてください

ではまた


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

今年の2月に発売された

【YAMASTA エギ王 LIVE】
メーカーHP
↓↓
DSC_0979

前モデルとシンカーの形状と材質が変わりました

上が前モデル
下が新しいモデル
DSC_0980

シンカーに鉛より比重の高いスズを使っているので大きくなっています。

_20190518_122030
シンカーの正面を比べると
キールの水を受ける面積が大きくなっています。
なるほど~
これで直進性を抑えているのですね

直進性を抑えたシャクリって鋭く早く動かしながらラインスラッグをしっかり作らなきゃいけないから疲れるんですよね

今年の2月に発売されたのですが・・・
前モデルをまだいっぱい持っていたため今頃購入

本当はケイムラカラーが欲しかったけど店頭では売り切れてました。

ちなみに自分のオススメカラー

主に日中使うカラー
ヤマシタ(YAMASHITA) エギ王 LIVE 3.5号 007 ブルーポーション EOL35007BLP

by カエレバ
オールマイティーにつかえるカラー
ヤマシタ エギ王 LIVE 029 ピンクマーブル 3.5号
by カエレバ



夜間に強いカラー
エギ王 LIVE ディープ 3.5号 034 パッションレッド【ゆうパケット】
by カエレバ
ではまた。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

150912275732_TP_V

こんにちは、
2月になって海もかなり冬モードになってしまいました。
南房総方面はかろうじて16℃台ですが、
自分的にはエギングはオフシーズン

春に向けて、昨年活躍したエギ達を紹介


基本的に釣れないエギは無いと思いますが

100均やワゴンセールの無名メーカーのエギでも釣れる時はありますが、やはりメーカー製のほうがシャクリ時の動き、ダートの切れ、シャクリからホールに切り替わる時の姿勢などが美しい

自分が一番重要にしているのが「シャクリからホールに切り替わる時の姿勢」なんですけどね、
エギ自体の動きもありますが、ロッドアクションも大事
シャクリからホールに切り替える時に出来るだけ滑らかにティップに乗せてスラッグを作るようにしています。



話がそれましたが
まずは、これ

第1位と2位
エギ王Q LIVE サーチ(ラトル入り)
エギ王Q LIVE

DSC_0655
上がラトル入り
下がラトル無し


昨年は日中のオープンエリアでの回遊待ちの釣が多かったのもあるのですが、
エギ王Qライブのラトル入無のローテーションが一番釣果がありました。

ラトル無しに掛かることが多かったかな
ナイトだと違う結果になるかもしれないですけどね

冒頭にも話しましたが、このエギの一番良いところはシャクリからホールに切り替わる時の姿勢」が美しいことかな

後は、飛行姿勢が崩れにくいのと、ほどよいダート幅

今年の3月に新しいモデルが販売されますが
ウェイトの材質を変更してダートのキレを良くして手前に戻りにくくしてありますが、個人的には廃盤になってしまったJPを復活させて欲しい
エギのローテで横から縦にアクションを大きく変化させられるとこが良かったのですが残念

新しいモデルの動画はこちらを
↓↓↓↓↓↓





続いて第3位
DUEL EZ-Q ダートマスター

DSC_0659

by カエレバ


このメーカー嫌いだったのですが、昨年から使ってみました。

嫌いな理由はこちらの動画
↓↓↓↓↓

4年前の動画ですが、
このテスター、ソデイカを引っ掛けて釣っているのに「このエギで釣りました‼️」っと、どや顔
しかも 、北斗の拳のザコキャラ並の品の無い笑い方
20131108233133

後半、良い事言ってるのに台無し

この動画を見てからこのメーカーに興味がなくなってしまいました。




しかし、しかし‼️   昨年
友人が「ダートマスター」で良いサイズのイカを釣ると・・・
欲しくなってしまった・・・
自分が一番品が無いかも

このエギの特徴はやはり「パタパタフット」
_20190201_214637

この樹脂製の足が水流を受けて波動を起こす

実際、この波動が利いているのかわからないけど、
シャクリで反応しない時に「ダートマスター」のただ引きで釣れた時があるので試して見て下さい。


また、3,5号で19g と比較的軽めで
流れがある場所だとパタパタフット抵抗が強いためか、沈下速度がかなり遅くなるのでそれだけ長くアピール出来るメリットがある


沈下速度が遅くなると着低が分かりづらくなりますが、流れの早さにもよるけど10mくらいなら分かるかな(PE0,5号を使用)


デメリットとして
「パタパタフット」が風の抵抗をうけて、向かい風の時は極端に飛ばなくなる
風が強い時はあまり使わないかな

まとめ
昨年は、
「エギ王Q LIVE」←→「エギ王Q LIVEサーチ」
         ↓        ↑
「ダートマスター」

っと、昨年はノーマル・ラトル・波動のアクション変化のローテーションで釣果を上げてきました。
今年もそのローテーションで行くつもりです

最近はエギの種類が増えてきているので選択肢に迷ってしまいます。
多いって事は良いことなんでしょうけど・・
カラー等を含めるとキリがない

エギのカラーについてはあまり拘っていないのですが、基本ケイムラで後はオールラウンドに使えるマーブル系かな、

以上、皆さんの釣果のお役にたてれば幸いです







P1020947_TP_V
こんにちは、

前回の記事
↓↓↓↓
【エギング入門編 PEラインの号数の選び方】
に続いて今回は「PEラインとショックリーダーの組み合わせ」についてのお話しをします。

ショックリーダーの材質は「ナイロン」と「フロロカーボン」とがありますが
基本的には「フロロカーボン」を使います。
ナイロンより硬く、比重が重く沈みやすいのでエギングに適しています。

各メーカーの専用リーダーはすべて「フロロカーボン」になっています。

自分が使っているラインはこちら
DSC_0669

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
by カエレバ

チタンフロロ採用! 超耐摩耗性能、チタンの鎧で攻める!
●高性能フロロカーボンにTic(チタンコート)とSP-T(スーパータフコーティング)のダブルコーティングを施すことで、ライン表面の滑りが良くなり、非常に高い耐摩耗性能を獲得。 
●エギングシーンに多い、岩や海藻との擦れによるラインブレイクをチタンの鎧で軽減。 
●携帯に優れた薄型スプールを採用。 
●糸つぶれが少ない平行巻を採用することで、最後まで安心してご使用できます。 
●便利な号数別スプールバンド
付き。

昨年発売された
1,5号~3号までバリエーションが豊富

組み合わせの基準としては
  • PE0,5号→リーダー1,7~2号
  • PE0,6号→リーダー2~2,5号
  • PE0,8号→リーダー2,5~3号
っと、こんな感じの組み合わせで良いかと
海藻がきつい場所などを攻める時は1ランク上げても良いですがキャスト時のガイドがらみに注意しましょう。


リーダーの長さは、エギングロッドはガイドが小さいのであまり長くしない

1ヒロ(約1,5m)を基準にして、柔らかいロッドほど短くした方が良いです。

結束方法はやはりFGノットが一番強度が高くノントラブルですね

まだ出来ない方はこちらの動画を見て練習しましょう
↓↓↓↓↓↓

以上、皆さんの釣果のお役にたてれば幸いです


by カエレバ




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

このページのトップヘ