toraziroの釣行記

カテゴリ: ライン

P1020947_TP_V
こんにちは、

前回の記事
↓↓↓↓
【エギング入門編 PEラインの号数の選び方】
に続いて今回は「PEラインとショックリーダーの組み合わせ」についてのお話しをします。

ショックリーダーの材質は「ナイロン」と「フロロカーボン」とがありますが
基本的には「フロロカーボン」を使います。
ナイロンより硬く、比重が重く沈みやすいのでエギングに適しています。

各メーカーの専用リーダーはすべて「フロロカーボン」になっています。

自分が使っているラインはこちら
DSC_0669

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
by カエレバ

チタンフロロ採用! 超耐摩耗性能、チタンの鎧で攻める!
●高性能フロロカーボンにTic(チタンコート)とSP-T(スーパータフコーティング)のダブルコーティングを施すことで、ライン表面の滑りが良くなり、非常に高い耐摩耗性能を獲得。 
●エギングシーンに多い、岩や海藻との擦れによるラインブレイクをチタンの鎧で軽減。 
●携帯に優れた薄型スプールを採用。 
●糸つぶれが少ない平行巻を採用することで、最後まで安心してご使用できます。 
●便利な号数別スプールバンド
付き。

昨年発売された
1,5号~3号までバリエーションが豊富

組み合わせの基準としては
  • PE0,5号→リーダー1,7~2号
  • PE0,6号→リーダー2~2,5号
  • PE0,8号→リーダー2,5~3号
っと、こんな感じの組み合わせで良いかと
海藻がきつい場所などを攻める時は1ランク上げても良いですがキャスト時のガイドがらみに注意しましょう。


リーダーの長さは、エギングロッドはガイドが小さいのであまり長くしない

1ヒロ(約1,5m)を基準にして、柔らかいロッドほど短くした方が良いです。

結束方法はやはりFGノットが一番強度が高くノントラブルですね

まだ出来ない方はこちらの動画を見て練習しましょう
↓↓↓↓↓↓

以上、皆さんの釣果のお役にたてれば幸いです


by カエレバ




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

P1020947_TP_V

こんにちは、

今回は「エギングをこれから始める人」や「イマイチ着底やアタリがわからない」
っとゆう人達のために
ラインの号数の選び方についてのお話をします。

エギングタックルにおいて一番重要なのは「ライン」

特にメインラインのPEはとても重要
_20180421_122740

常にエギからロッドへのダイレクト感が欲しいので自分はPE0,5号を使っています。

始めた頃はPE0,8号を使っていましたが、悪条件になればなるほと細いラインのほうがエギをコントロールしやすくなるので今ではPE0,5号を使っています。

ラインを細くする事のメリットとしては
  • 飛距離が上がる
  • 風や潮の流れの影響を受けにくい
_20190120_081256
エギは重心が前にあるので飛びにくい構造
出来るだけ細くして飛距離を稼いだほうが広範囲に探れます・・・・
でも、実際はびっくりするほど違いはわからないかな
0,8~0,6に替えた時はまったくわからない
08~0,5に替えた時は違いがわかります
それでも5mくらいかなぁ~


AR-C搭載のエギを開発してくれるとうれしいのですが・・・・ヤマシタのエギに・・
「イヤ~・・本当にお願いします!!」


飛距離よりもよりも大事なのは「風や潮の流れの影響を受けにくい」事

細いほうがラインの膨らみが少なくなるので
ロッドや手元にラインの変化が伝わりやすいです。

「イマイチ、着底や潮の流れ変化、エギの動きやイカのアタリがわからない」って方は一度ラインを細くして見て下さい
0,4号を使っている人もいますよ

ラインブレイクが心配な人
ドラグは身切れ防止のために緩めが基本
シャクった時に少しラインが出るくらい

海藻や障害物が多い場所は別てすが、イカは根に潜っていかないです。
ラインが引き出されたら慌てず、むしろジェット噴射の引きを楽しみましょう
_20190121_223932



一方、ラインを太くする事のメリットは
  • 根掛かりの時にカンナが曲がってエギが回収しやすくなる
_20190122_085650


0,5号より0,8号のほうが根掛かり時のエギ回収率は圧倒的に高いです。

エギのロストを抑えたい人は0,8号かな
財布にも環境にもやさしい

メジャーポイントの海の底はこんな感じなんでしょうね
エギが釣れる時もありますし
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ボトムステイでヒットする事も多いので
もしかしたらロストしたエギにかかって死んでいくイカもいるかもしれません

そういう考え方なら太いラインもアリですね

自分はラインを細くしてボトム感知能力を高めて根掛かりを回避しています。


エギングは基本的に細いラインが有利です。

0,6号を基準にして
潮が早い場所や深場は0,5号
(自分は10m以上深いと0,6号だと着底がわからない時があります)

エギのロストを抑えたい場合は0,8号

っとこんな感じで選択すると良いと思います。


まとめ
エギングの一番おもしろいところは、微妙なラインの変化でアタリを感じるところ

また、ラインを通じてしっかりエギをコントロールできるようになると釣果アップに繋が
きます。

皆さんの釣果のお役にたてれば幸いです。
ではまた、

PEラインとショックリーダーの組み合わせはこちらの記事を
↓↓↓↓↓↓↓

こちらの記事も参考にしてください
              ↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 
ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

GSAYAIMG_4697_TP_V

こんにちは、

PEラインが出て、もう30年近くになるのかな?
初めてPEラインを使った時にナイロンとの飛距離の差にビックリしたのを覚えています。

当時はPEラインとショックリーダーのサイズは適当に決めていました
「太けりゃいいんだろ」っと

ある程度、経験値が増えて自分の中の決め事みたいなものが出来てきたので参考にして下さい。

ショックリーダーの役割
PEラインは伸縮性が少ないため抜群の感度が生まれますが、デメリットとして伸縮性が少ないためバイトが弾かれたり、口切れしやすくなります。・・・・
こんな事を書きましたが、それは無い
ショックを吸収する役目はロッド

本当の目的は、PEラインは耐摩耗性に弱いため「結束部の保護」「根ズレや歯ズレからの保護」が主な目的になるので
PEラインのルアー直結はやめましょう
結束部で著しく強度が低下します。
また、大物がかかってルアーを丸のみされたら瞬殺されるし、ルアーのフックにラインが絡まったら復旧が大変
あまりメリットがないです。

PEラインは摩擦系のノットでリーダーに接続しましょう

ノットに不安のある人は練習あるのみ
自分はノットを結ぶのが楽しいです。
まだ十分使えるのに釣行前日、意味なく結び直したりします。

わかりやすい FGノットの結び方の動画です
参考にして下さい。

摩擦系ノットが不安な方は電車結びでも良いと思います。
しかし、強度は貧弱 約50%落ちます
PE1号→22ポンドで9,9㎏の50%=4,95㎏
使っているうちに強度は落ちていくので注意して下さい。
リーダーの材質
リーダーの材質はナイロンとフロロカーボンの2種類あり、それぞれ特徴があります。

ナイロンライン
  • 安価
  • フロロよりしなやかで伸びがある
  • フロロより吸水や紫外線による劣化が早い
  • フロロより比重が軽い
フロロカーボン
  • 高価
  • ナイロンより硬い
  • ナイロンより劣化しにくい
  • ナイロンより比重が重いので沈みやすい
  • 水の屈折率と近いため水中で見えにくい
どちらも一長一短があるので特徴を理解して使い分けると良いでしょう

自分の使い分けは、

エギングはフロロカーボン
たまにナイロンで長めにリーダーをセットしてホールをゆっくりさせたりします。

ジギングは基本フロロカーボン

その他の釣はナイロンを使っています。
ナイロンを使う理由は
しなやかで扱いやすいく、巻きグセがすぐ直りミノーやシンペン等のアクションが滑らかになるからです。
吸水や紫外線による劣化は1日では変わらないので気にしない
釣行毎か長く使っても3回目の釣行では替えてしまう
魚に見えにくいと言われていますが、魚に聞いてみないとわからない、などなど

フロロを使いたい方はこちらがオススメ
フロロですが、かなりナイロンに近いしなやかさです。



基本的な組み合わせ
基本的にはPEラインと同等の強度に合わせます。
PEラインは号数表記でややこしい
全てポンド表記にして直径も表示してほしい
ちなみに1ポンドは約450g(453,592g)

メーカーによって強度や太さは違うので注意して下さい。
ちなみに
「YGK G-soul x8 1号→22ポンド」
「使い捨て格安PEは18ポンドぐらい」

自分が使っているPEライン
を基準にしています。
  • 0,6号   →12~16ポンド
  • 0,8号   →16~20ポンド
  • 1号      →20~25ポンド
  • 1,5号   →30~40ポンド
  • 2号      →40~50ポンド
  • 3号      →50~60ポンド
  • 4号      →60~80ポンド
  • 5号      →80~100ポンド
だいたいこの組み合わせで適正だと思います。
しかし、場合によってはリーダーをさらに太くします。
太刀魚やサワラを狙う時はリーダーのサイズを上げます。
太刀魚 1号+40ポンド
サワラ 1,5号+50ポンド
などなど

極端に太くする場合はリーダーを短くして、キャストする時にガイドに入れないようにしましょう。
また、キャストの時に初速をゆっくりにしてリリース時にティップを暴れさせないようにキャストすればトラブルは減ります。
自分のキャスト技術にあったサイズと長さを探してみてください。

ではまた。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

こんにちは、
前回のジギングラインに続いて今度はキャスティングラインを交換しました。


よつあみ(YGK) ライン ガリス ウルトラキャストマンWX8 4号 300m
Amazonで8203円(高いな)
でも、二年近く使える耐久性の良さを考えると買いだと思う
DSC_0469

by カエレバ


4号と5号を使っていますが、今回は4号のみ交換、5号はまだまだ使えそう
DSC_0471

DSC_0475

ツインパワー14000xgに4号用の8000スプールを取り付けて巻きました。


300m全部巻けましたが、カツカツ過ぎたかも
手作業だとこれが限界、1時間くらいかかりました。
キャストしてトラブリそうなら20~30mくらいカットします。

リーダーをPRノットで結びます
シマノ ホビンワインダーを使用


参考動画



DSC_0473

PE4号とフロロカーボン70ポンドの組み合わせ

PEラインはメーカーによって太さが違うので巻くときのテンションで巻ける量に違いが出てきます。
適当に巻いたら巻ききれなくなりますが、お店で巻いてもらったらいい感じに巻ける場合もあります。
PEラインはテンションをしっかり掛けて巻いて、トラブルを減らしましょう

ではまた。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。

こんにちは、
ジギング用のライン 3号と4号を巻き直しました。
強度的にはまだまだ十分だったのですが、リーダーの結び直しなどでラインが200mくらいになってしまったので交換しました。
下巻きを追加すればもう1年くらい持ったかも
余ったラインは下巻きやアシストフックに使います。

よつあみ(YGK) ライン ガリス ウルトラジグマンWX8 
_20180818_124245


by カエレバ




ジギングの定番ライン
他のラインよりしなやかさと耐久性が明らかに違う、個人的には最強のラインだと思っています。

1年使ってもササクレがほとんどない

ジギングで使用しているのでガイドを抜けるスピードが緩やかなのでキャスティングよりはラインは長持ちしますが、スーパージグマンx4やx8と比べると段違い
(x4は音なりがすごい)
値段はスーパージグマンと比べると倍近い値段ですが長期的にみると絶対にウルトラジグマン

発売当初は300mで1万円くらいはしましたが最近は安くなりました。
とは言え、大型釣具店では8000円くらい

しかし‼️「Amazon」では3号で5000円程度で販売している
この差はなぜだろう・・・(・・?


ツインパワー8000hgのラインキャパが
PE3号-410m
PE4号-300m

3号は100mほど下巻きして300m巻きます。

PE4号は下巻き無しで300m

濡れタオルのハンドラインテンショナーで、なるべくムラができないようにしっかり巻くと1セット1時間くらい掛かります。

こんな時にテンションアジャスターがあったらいいなぁ~と思うのですが・・・


「11194円」高くて買えねーよ‼️

スタジオオーシャンマーク


セットで10万・・・( ̄□ ̄;)!!
ステラ買ったほうがいいな

今のところライントラブルは無いのでいらないな
セレブになったら買うかな

PEラインはメーカーによって太さが違うので巻くときのテンションで巻ける量に違いが出てきます。
適当に巻いたら巻ききれなくなりますが、お店で巻いてもらったらいい感じに巻ける場合もあります。
PEラインはテンションをしっかり掛けて巻いて、トラブルを減らしましょう

ではまた。
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 

ランキングに参加してます。
宜しかったらクリックお願いします。



基本的にはジギング用ライン
キャスティングでも使えるけどもう少しハリがあったほうがトラブルが少なくなる

キャスティングラインはこちらを
by カエレバ

このページのトップヘ